FP3級過去問題 2019年5月学科試験 問47

問47

所得税において、2019年中に取得した建物(鉱業用減価償却資産等を除く)に係る減価償却の方法は、()である。
  1. 定率法
  2. 定額法
  3. 定率法と定額法の選択

正解 2

解説

減価償却とは、建物や機械などの「時間の経過により価値が減っていく資産」を取得するために要した金額を、各年分の必要経費として配分して処理することです。
減価償却には「定額法」と「定率法」などがありますが、平成10年4月1日以降に取得した建物の償却方法については定額法のみが適用されます(平成28年4月1日以後に取得した建物附属設備及び構築物も同様)。

したがって[1]が適切です。

この問題と同一または同等の問題