FP3級過去問題 2021年5月学科試験 問20

問20

所得税において、上場不動産投資信託(J-REIT)の分配金に係る配当所得は、配当控除の適用を受けることができる。

正解 ×

問題難易度
47.0%
×53.0%

解説

J-REITの収益分配金は、上場株式の配当と同様に配当所得として扱われますが、分配金は配当控除の適用を受けることはできません。

したがって記述は[誤り]です。

株式の配当は、企業が法人税を支払った後に残る利益を株主に分配するものであり、配当を受け取った株主が所得税を納めると二重に課税されることになります。配当控除は、この法人税と所得税の二重課税を軽減するための仕組みです。しかしながら、J-REITの収益分配金は、投資法人が法人税を支払う前の利益を分配したものであり、二重課税の問題は生じないため配当控除の適用対象外となっています。

この問題と同一または同等の問題