FP3級 2021年1月 実技(金財:個人)問5

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問5

次に、Mさんは、Y投資信託について説明した。MさんのAさんに対する説明として、次のうち最も適切なものはどれか。
  1. 「Y投資信託のベンチマークである日経平均株価は、東京証券取引所市場第一部に上場している内国普通株式の全銘柄を対象とする時価総額加重型の株価指標です」
  2. 「つみたてNISAの対象となる投資信託は、Y投資信託のような投資対象地域を日本国内とする投資信託に限定されており、海外を投資対象地域とする投資信託は対象となっていません」
  3. 「つみたてNISAの対象となる公募株式投資信託は、Y投資信託のように、購入時手数料がゼロであることが要件の1つとなっています」

正解 3

分野

科目:C.金融資産運用
細目:3.投資信託

解説

  1. 不適切。記述は東証株価指数(TOPIX)の説明です。日経平均株価は、東京証券取引所市場第一部に上場している株式のうち225銘柄の株価合計を銘柄数で割った修正平均型の株価指数です。
  2. 不適切。つみたてNISA口座の対象となる投資信託には、投資対象地域を「海外」や「内外」としている投資信託も含まれています。
  3. [適切]。つみたてNISAの対象となる投資信託は、販売手数料がゼロ、信託報酬が一定水準以下、分配頻度が毎月出ない等の要件を満たす、長期の積立て・分散投資に適したものに限定されています。
したがって適切な記述は[3]です。