FP3級 2020年1月 実技(金財:個人)問9

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問9

Aさんの2020年分の所得税の確定申告に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
  1. 「給与所得者であっても、総所得金額に算入される一時所得の金額が10万円を超える場合は、所得税の確定申告をしなければなりません」
  2. 「所得税の確定申告書は、原則として、2021年2月16日から3月31日までの間にAさんの住所地を所轄する税務署長に提出してください」
  3. 「確定申告書を税務署に持参または送付して提出する方法のほかに、e-Taxを利用する方法があります」

正解 3

分野

科目:D.タックスプランニング
細目:7.所得税の申告と納付

解説

  1. 不適切。給与所得者で勤務先による年末調整を受けた人であっても、給与所得以外の所得が20万円を超える場合には確定申告の義務者になります。本肢のように10万円であれば確定申告は不要です。
  2. 不適切。所得税の確定申告書は、原則として納税者の住所地を管轄する税務署長に提出します。なお、提出期間は毎年2月16日から3月15日の間です。
  3. [適切]。確定申告書の提出は、税務署に持参または郵送で提出する方法と、自宅等からインターネットを通じて手続きが行えるe-Tax(電子申告)があります。
    2020年よりスマートフォン等を利用し、マイナンバーカード若しくはID・パスワード方式で提出可能となり利便性が増しています(以前はICカードリーダを各自用意する必要がありました)。
したがって適切な記述は[3]です。