FP3級 2020年1月 実技(金財:保険)問8

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問8

Mさんは、《設例》の<資料>の終身保険について説明した。MさんのAさんに対する説明として、次のうち最も不適切なものはどれか。
  1. 「当該終身保険は、保険料払込期間における解約返戻金額を抑えることで、低解約返戻金型ではない終身保険と比較して保険料が割安となっています」
  2. 「Aさんの退任時に、役員退職金の一部として当該終身保険の契約者をAさん、死亡保険金受取人をAさんの相続人に名義変更することで、当該終身保険を個人の保険として継続することが可能です」
  3. 「保険期間中に急な資金需要が発生した際、契約者貸付制度を利用することにより、当該終身保険契約を解約することなく、資金を調達することができます。なお、契約者貸付金は、雑収入として益金の額に算入します」

正解 3

分野

科目:B.リスク管理
細目:3.生命保険

解説

  1. 適切。低解約返戻金型終身保険は、通常の終身保険と比べて、解約返戻金を低く設定する期間を設けることで保険料が割安になる保険です。保険料払込期間終了後は、通常の終身保険と同水準の解約返戻金になります。《設例》の注記より、本終身保険は低解約返戻金型であることがわかります。
  2. 適切。契約者や受取人の名義変更を行い、会社の保険から個人の保険へ移すことで、保障を継続しつつ退職金の一部(現物支給)とすることも可能です。会社側では、解約返戻金相当額を役員退職金として計上し、それまで資産計上した保険料積立金との差額を雑収入または雑所得として計上します。
  3. [不適切]。契約者貸付制度で借り受けた資金は、借方:現預金(資産)、貸方:長期借入金(負債)として仕訳します。増えるのは資産と負債であり、益金には算入しません。
したがって不適切な記述は[3]です。