FP3級 2018年9月 実技(金財:個人)問5

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問5

次に、Mさんは、株式の投資指標について説明した。MさんのAさんに対する説明として、次のうち最も適切なものはどれか。
  1. 「PERは、株価が1株当たり当期純利益の何倍であるかを示す指標です。何倍程度が妥当であるかは、業種や会社の規模等により異なりますので、同業他社との比較や過去のトレンドとの比較等、相対的な比較に利用してください」
  2. 「ROEは、総資産(総資本)に対する当期純利益の割合を示す指標です。ROEが高い水準で推移していれば、企業の収益性は高いと判断できます」
  3. 「配当利回りは、当期純利益のなかから配当金がどの程度支払われているのかを示す指標です。この指標により、株主への利益還元の傾向を見ることができます」

正解 1

分野

科目:C.金融資産運用
細目:5.株式投資

解説

  1. [適切]。PER(Price Earnings Ratio)は「株価収益倍率」のことで、1株当たりの収益率、すなわち、1株当たりの純利益がどの程度になるかを表した指標です。業種や規模によって何倍以上が望ましいかは異なります。
  2. 不適切。ROE(Return On Equity,自己資本利益率)は、自己資本(純資産)に対する当期純利益の割合を表す指標です。本肢の内容は「ROA(Return On Assets,総資産利益率)」の説明です。
  3. 不適切。配当利回りは「株価に対する年間配当の割合」を示します。本肢の内容は「配当性向」の説明文です。
したがって適切な記述は[1]です。