FP3級 2018年9月 実技(金財:個人)問4

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問4

はじめに、Mさんは、つみたてNISAについてアドバイスした。MさんのAさんに対するアドバイスとして、次のうち最も不適切なものはどれか。
  1. 「つみたてNISA勘定に受け入れることができる限度額は年間40万円です。購入方法は累積投資契約に基づく定期かつ継続的な買付けに限られていますので、40万円分を一括で購入することはできません」
  2. 「つみたてNISAの非課税期間は、25年間です。つみたてNISAは、長期の分散投資を前提とした資産運用の方法ですので、短期の売買を目的とした資産運用に利用することには適していません」
  3. 「つみたてNISA勘定に受け入れることができる商品は、ETF(上場投資信託)や公募株式投資信託のうち一定の要件を満たすものです。Aさんが購入を検討されているX社株式をつみたてNISA勘定に受け入れることはできません」

正解 2

分野

科目:C.金融資産運用
細目:10.金融商品と税金

解説

  1. 適切。つみたてNISA勘定に受け入れることが出来る限度額は年間40万円です。また、購入方法についても、累積投資契約に基づく定期的かつ、継続的な買い付けに限定されるため、40万円分を一括購入することはできません。
  2. [不適切]。つみたてNISAの非課税期間は20年間です。
  3. 適切。つみたてNISAはETFや公募株式投資信託のうち一定の要件を満たすものに限定されており、株式は組み入れることができません。
したがって不適切な記述は[2]です。