FP3級 2018年5月 実技(金財:保険顧客)問9

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問9

Mさんは、《設例》の<資料2>の養老保険(福利厚生プラン)について説明した。MさんのAさんに対する説明として、次のうち最も適切なものはどれか。
  1. 「<資料2>の契約形態で加入した場合、支払保険料の2分の1を資産に計上し、残りの支払保険料については、福利厚生費として損金の額に算入します」
  2. 「<資料2>の契約形態で加入した場合において、被保険者である従業員が中途退職(生存退職)したときは、解約返戻金が退職する従業員本人に直接支払われます」
  3. 「仮に、被保険者を全従業員ではなく、一部の従業員に限定した場合は、支払保険料の全額を資産に計上することになります」

正解 1

分野

科目:B.リスク管理
細目:3.生命保険

解説

  1. [適切]。養老保険の福利厚生プラン(ハーフタックスプラン)とは、
    1. 被保険者が役員・従業員全員
    2. 死亡保険金受取人が被保険者の遺族
    3. 満期保険金受取人が法人
    という三条件を満たす養老保険を指し、このタイプの商品は支払保険料の2分の1を資産計上し、残りの2分の1を損金算入するという経理処理を行います。
    <資料2>の保険は、上記の条件を満たしますので、支払保険料の2分の1を資産に計上し、残りの支払保険料については、福利厚生費として損金の額に算入します。
  2. 不適切。従業員が中途退職した場合、解約返戻金はX株式会社に支払われます。
  3. 不適切。一部の従業員に限定した場合は、支払保険料の2分の1を資産に計上し、残りの支払保険料については、その従業員に対する給与として損金計上します。
したがって適切な記述は[1]です。