FP3級 2018年5月 実技(金財:保険)問10

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問10

Aさんの平成29年分の所得税における所得控除に関する以下の文章の空欄①~③に入る語句の組合せとして、次のうち最も適切なものはどれか。
  1. Aさんが適用を受けることができる配偶者控除の控除額は、()である。
  2. 長女Cさんの合計所得金額は()を超えるため、Aさんは長女Cさんに係る扶養控除の適用を受けることができない。Aさんが適用を受けることができる扶養控除の控除額は、()である。
  3. 所得控除のうち、雑損控除、医療費控除および()の3種類の所得控除については、年末調整では適用を受けることができないため、これらの控除の適用を受けるためには所得税の確定申告が必要となる。
  1. ① 38万円 ② 63万円 ③ 寄附金控除
  2. ① 38万円 ② 38万円 ③ 小規模企業共済等掛金控除
  3. ① 65万円 ② 38万円 ③ 配当控除

正解 1

分野

科目:D.タックスプランニング
細目:5.所得控除

解説

〔①について〕
配偶者控除の金額は「38万円」となります。また16歳以上の扶養親族であっても、Cさんのように年間所得金額が38万円を超えるものについては扶養控除の対象外です。

〔②について〕
扶養控除の対象となるのは特定扶養親族に当たるDさん(20歳)だけですので、扶養控除の金額は「63万円」となります。

〔③について〕
所得控除のうち、確定申告が必要な(年末調整で適用を受けられない)所得控除は、雑損控除、医療費控除、「寄付金控除」の3種類となります。

①38万円・②63万円・③寄付金控除の組合せが適切ですので[1]が正解です。