FP3級 2018年1月 実技(金財:保険顧客)問6

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問6

最後に、Mさんは、《設例》の生命保険の課税関係について説明した。MさんのAさんに対する説明として、次のうち最も不適切なものはどれか。
  1. 「当該生命保険の保険料は介護医療保険料控除の対象となります。適用限度額は、所得税で40,000円、住民税で28,000円となります」
  2. 「介護一時金は、一時所得の収入金額として総合課税の対象となります。総所得金額に算入される一時所得の金額が20万円を超える場合、Aさんは所得税の確定申告をしなければなりません」
  3. 「Aさんが介護終身年金を請求できない特別な事情がある場合には、指定代理請求特約により指定代理請求人である妻BさんがAさんに代わって請求することができます。妻Bさんが代理請求した場合であっても、介護終身年金は非課税所得として扱われます」

正解 2

分野

科目:B.リスク管理
細目:3.生命保険

解説

  1. 適切。生命保険料控除(平成24年度以降契約分)には、一般生命保険料控除・個人年金保険料控除・介護医療保険料控除の3種類あります。それぞれの控除限度額は所得税が40,000円、住民税が28,000円となります。
  2. [不適切]。一時所得はの特別控除限度額は50万円なので、確定申告しなければならないのは一時所得の金額が50万円を超えたときです。
  3. 適切。介護終身年金を請求できない特別な事情がある場合には、指定代理請求特約により指定代理請求人が請求することができます。介護終身年金は非課税として扱われます。
したがって不適切な説明は[2]です。