FP3級 2017年1月 実技(金財:保険)問13

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問13

遺言書に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
  1. 「公正証書遺言は、証人2人以上の立会いのもと、遺言者が遺言の趣旨を公証人に口授し、公証人がこれを筆記して作成するものです」
  2. 「Aさんが公正証書遺言を作成する場合の証人には、妻Bさんがなることはできませんが、長女Cさんおよび長男Dさんは証人になることができます」
  3. 「仮に、Aさんの相続が開始し、相続人がAさんの自筆証書遺言を発見した場合、相続人は、遅滞なく、その遺言書を家庭裁判所に提出して、その検認を請求しなければなりません」

正解 2

分野

科目:F.相続・事業承継
細目:3.相続と法律

解説

  1. 適切。公正証書遺言は、遺言者が遺言の趣旨を公証人に口述し、公証人がそれを筆記して作成される遺言です。
  2. [不適切]。公正証書遺言と秘密証書遺言では、作成に証人2人以上の立会いが必要です。証人には誰でもなれるわけではなく、下記の人は証人になることができません。
    • 未成年者
    • 推定相続人
    • 4親等内の親族
    • 公証人の配偶者
    設例では長女Cさんと長男Dさんも相続人となるため、証人にはなれません。
  3. 適切。自筆証書遺言および秘密証書遺言では、相続開始時に家庭裁判所で検認を受けなければなりませんが、公正証書遺言については検認手続が不要です。
したがって不適切な記述は[2]です。