FP3級 2017年1月 実技(金財:保険)問12

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問12

Aさんの平成28年分の所得税の確定申告に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
  1. 「総所得金額に算入される一時所得の金額が20万円を超えるため、Aさんは所得税の確定申告をしなければなりません」
  2. 「Aさんは確定申告をすることにより、ふるさと納税で寄附した5万円の全額について、平成28年分の所得税額から控除されます」
  3. 「確定申告書は、原則として、平成29年2月16日から平成29年3月31日までの間に、Aさんの住所地を所轄する税務署長に提出してください」

正解 1

分野

科目:D.タックスプランニング
細目:7.所得税の申告と納付

解説

  1. [適切]。給与所得のみの人は、原則的に勤務する企業で年末調整を受けることで確定申告が不要となりますが、たとえ給与所得のみであっても以下に該当する場合には確定申告書の提出義務が生じます。
    • 給与の年間収入金額が2,000万円を超える人(年末調整の対象外)
    • 給与所得および退職所得以外を除く所得金額の合計額が20万円を超える人
    • 2か所以上の会社から一定額の給与支払いを受けている人
    • 同族会社の役員やその親族などで、その同族会社から給与のほかに、貸付金の利子や資産の賃貸料などを受け取っている人
    設例のケースでは個人年金保険の解約返戻金が一時所得の課税対象になります。Aさんの一時所得の金額(課税対象額)は「(700万円-500万円-50万円)×1/2=75万円」で、給与所得以外の所得が20万円を超えるので確定申告を行う必要があります。
  2. 不適切。ふるさと納税では、寄付した金額から2,000円を引いた金額が所得控除されます。税額控除ではないので記述は誤りです。また控除額も5万円全額ではありません。
  3. 不適切。所得税では、1月1日から12月31日までの1年間の所得を計算して、翌年の2月16日から3月15日までに確定申告をしなければなりません。
したがって適切な記述は[1]です。