FP3級 2017年1月 実技(金財:保険)問3

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問3

最後に、Mさんは、老後の年金収入を増やす方法の1つとして、確定拠出年金の個人型年金について説明した。MさんのAさんに対する説明として、次のうち最も不適切なものはどれか。
  1. 「確定拠出年金の個人型年金は、将来の年金受取額が自己の指図に基づく運用実績により増減します。したがって、運用リスクは加入者個人が負うことになります」
  2. 「Aさんが確定拠出年金の個人型年金に加入した場合、毎月の掛金は、5,000円から68,000円の範囲内で、1,000円刻みで選択できます。拠出した掛金は、税法上、生命保険料控除として所得控除の対象となります」
  3. 「Aさんが確定拠出年金の個人型年金に加入し、将来において、老齢給付金を一時金で受け取った場合、当該一時金は、税法上、退職所得として扱われます」

正解 2

分野

科目:A.ライフプランニングと資金計画
細目:6.企業年金・個人年金等

解説

  1. 適切。確定拠出年金では、加入者自らが自己責任で掛金の運用指図を行い、その運用結果に応じて将来の受取額が変動します。
  2. [不適切]。退職後のAさんは個人事業主になるので国民年金の第1号被保険者になります。
    国民年金の第1号被保険者の場合、確定拠出年金の個人型年金の掛金は5,000円から6万8,000円の間で1,000円刻みで設定できるという部分については適切です。しかし、拠出した掛金は、生命保険料控除ではなく小規模企業共済等掛金控除として所得控除されるので記述は誤りです。
  3. 適切。給付時に年金として受け取ると公的年金等の雑所得となり、一時金として受け取ると退職所得となります。それぞれ、公的年金等控除または退職所得控除が適用されるので有利に受け取れます。
したがって不適切な記述は[2]です。