FP3級 2017年1月 実技(金財:保険)問2

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問2

次に、Mさんは、老後の年金収入を増やす方法について説明した。MさんのAさんに対する説明として、次のうち最も不適切なものはどれか。
  1. 「Aさんは、所定の手続により、国民年金の定額保険料に加えて付加保険料を納付することで、65歳から老齢基礎年金を受け取る場合、『400円×付加保険料納付済期間の月数』の算式で計算した額を付加年金として受け取ることができます」
  2. 「Aさんは、老後の年金収入を増やす方法として、国民年金基金に加入することができます。掛金の額は、加入者が選択した給付の型や口数、加入時の年齢、男女の別で決まります」
  3. 「Aさんが70歳0カ月で老齢基礎年金および老齢厚生年金の繰下げ支給の申出をした場合、老齢基礎年金および老齢厚生年金の繰下げによる増額率は42%となります」

正解 1

分野

科目:A.ライフプランニングと資金計画
細目:6.企業年金・個人年金等

解説

  1. [不適切]。付加年金は、国民年金の第1号被保険者が利用できる制度で、毎月の国民年金保険料に加えて毎月400円の付加保険料を払うことで、老齢基礎年金に「200円×付加保険料納付済期間の月数」が加算されるものです。
    付加年金の金額は「200円×付加保険料納付済期間の月数」ですので、記述は誤りです。
  2. 適切。国民年金基金の掛金月額は、選択した給付の型、加入口数、加入時の年齢、性別によって決まり、最大で6万8,000円となります。
  3. 適切。繰下げ支給をした場合、1か月あたり0.7%が上乗せで支給されます。受給開始を70歳0カ月に繰り下げると、繰り下げた月数は60月になるので、増額率は「0.7%×60か月=42%」になります。
したがって不適切な記述は[1]です。