FP3級 2016年9月 実技(金財:個人)問3

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問3

Mさんは、Aさんに対して、公的年金制度について説明した。Mさんが説明した次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
  1. 「Aさんは、過去に国民年金の任意未加入期間がありますが、この任意未加入期間に係る国民年金保険料を後納することができます」
  2. 「Aさんは、原則として60歳から65歳に達するまでの間、特別支給の老齢厚生年金(報酬比例部分)を受給することができます」
  3. 「Aさんは、原則として65歳から老齢基礎年金および老齢厚生年金を受給することができます。この場合、Aさんが受給する老齢厚生年金には、妻Bさんが65歳に達するまでの間、加給年金額が加算されます」

正解 3

分野

科目:A.ライフプランニングと資金計画
細目:5.公的年金

解説

  1. 不適切。任意未加入期間分の国民年金保険料を支払うことができる「後納制度」は5年前のものまでしか支払うことができません。Aさんの任意未納加入期間は5年以上前であり、後納できません。
    ※後納の延長措置は、2018年9月30日をもって終了しており、2019年現在は後納可能な期間は2年前までになります。本解説は、試験実施時の法令を基にしていますのでご注意ください。
  2. 不適切。特別支給の老齢厚生年金(報酬比例部分)は、生年月日により段階的に引き上げられています。特別支給の老齢厚生年金(報酬比例部分のみ)を60歳から受給できる男性は、昭和28年4月1日以前に生まれた人です。
    Aさんの生年月日は昭和32年5月21日であるため、特別支給の老齢厚生年金(報酬比例部分のみ)を受給することができるのは63歳から65歳に達するまでの間になります。
  3. [適切]。厚生年金の被保険者期間が20年以上ある場合、配偶者が65歳になるまで、老齢厚生年金に加給年金額が加算されます。
    Aさんは、437月(36年5カ月)の厚生年金被保険者期間があるので、妻が65歳に達するまで加給年金額が加算されます。
したがって適切な記述は[3]です。