FP3級 2016年5月 実技(金財:個人)問13

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問13

民法上の遺言に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
  1. 自筆証書遺言は、遺言者が、その遺言の全文、日付および氏名を自書し、これに押印して作成するものであり、パソコンで作成した場合、その遺言書は無効となる。
  2. 公正証書遺言は、遺言者が、公証役場において遺言の趣旨を公証人に口授し、公証人がそれを筆記して作成する遺言であり、作成にあたっては証人の立会いは不要である。
  3. 公正証書遺言は、相続開始後に家庭裁判所における検認は不要であるが、自筆証書遺言は、相続開始後に家庭裁判所における検認が必要である。

正解 2

分野

科目:F.相続・事業承継
細目:3.相続と法律

解説

  1. 適切。自筆証書遺言は、遺言者が、その全文、日付および氏名を自書し、これに押印して作成する遺言です。パソコンで作成した場合は無効となります。
    ※民法の改正に伴い2019年(平成31年)1月13日から、遺言書に添付する財産目録に限りパソコン等で作成できるようになりました。本解説は試験実施時の法令を基にしていますのでご注意ください。
  2. [不適切]。公正証書遺言の作成にあたっては証人2人以上の立会いが必要です。なお、この証人には、遺言者の推定相続人や親族等の遺言内容に利害関係の深い人はなれません。
  3. 適切。自筆証書遺言及び秘密証書遺言は家庭裁判所での検認が必要ですが、公正証書遺言は作成後に公証役場で保管されるため検認不要です。
したがって不適切な記述は[2]です。