FP3級 2016年5月 実技(金財:保険)問3

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問3

Mさんは、公的医療保険制度についてアドバイスした。MさんのAさんに対するアドバイスとして、次のうち最も適切なものはどれか。
  1. 「Aさんに係る医療費の一部負担金の割合は、入院・外来を問わず、原則として、2割となります。最近では、入院日数の短期化が進んでいますので、医療保障を見直す際には、退院後の通院保障の有無を確認することをお勧めします」
  2. 「同一月に、同一医療機関等の窓口で支払った医療費の一部負担金等の額が自己負担限度額を超える場合は、所定の手続により、自己負担限度額を超えた額が高額療養費として支給されます」
  3. 「Aさんが私傷病による療養のために、会社等での業務に3日以上連続して就くことができず、当該期間について事業主から報酬が支払われない場合は、所定の手続により、傷病手当金が休業4日目から1年間を限度として支給されます」

正解 2

分野

科目:A.ライフプランニングと資金計画
細目:4.社会保険

解説

  1. 不適切。医療費の一部負担金の割合は受診者の年齢によって以下のように異なります。Aさんは49歳ですので自己負担割合は3割です。
  2. [適切]。同一月に同一医療機関の窓口で支払った医療費の一部負担金が、所得に応じて5段階に定められている自己負担限度額を超えた場合、申請により超えた分が高額療養費として還付されます。
  3. 不適切。傷病手当金は、私傷病で連続して3日以上休み、その期間の賃金が支払われなかった場合に休業4日目から支給されます。支給期間は最長で1年6か月です。
したがって適切な記述は[2]です。