FP3級過去問題 2016年5月学科試験 問47

問47

年末調整の対象となる給与所得者は、年末調整の際に、所定の書類を勤務先に提出することにより、()の適用を受けることができる。
  1. 雑損控除
  2. 寄附金控除
  3. 生命保険料控除

正解 3

問題難易度
肢15.1%
肢22.6%
肢392.3%

解説

会社勤めの人が、年末調整の際に所定の書類を提出することにより受けられる所得控除は以下の12種類です。住宅ローン控除も年末調整で適用を受けられますが、税額控除なので除外しています。
したがって()には生命保険料控除が入ります。

なお、年末調整の対象外となっている医療費控除、寄附金控除、雑損控除を受けるためには確定申告が必要となります。

この問題と同一または同等の問題