FP3級 2016年1月 実技(金財:個人)問10

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問10

甲土地の取得および賃貸アパートの建築に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
  1. 相続による甲土地の取得に対しては、不動産取得税が課されない。
  2. 甲土地に耐火建築物を建築する場合、建ぺい率の上限は緩和され、指定建ぺい率に10%が加算される。
  3. Aさんは、賃貸アパートを新築した日から所定の期間内に、新築建物に関する表題登記の申請をしなければならない。

正解 2

分野

科目:E.不動産
細目:4.不動産の取得・保有に係る税金

解説

  1. 不適切。不動産を取得した時には不動産取得税がかかります。しかし、相続や法人の合併により不動産を取得したときには不動産取得税は課税されません。
  2. 不適切。「防火地域内」に「耐火建築物」を建てる場合には、建ぺい率の上限が下表のように緩和されます。しかし、<設例>では甲土地の防火規制を「なし」としており、防火地域には該当しません。よって、10%の加算はありません。
  3. [適切]。建物を新築した場合、所有権の取得日から1カ月以内に表題登記をしなければなりません。表題登記をすると、不動産登記簿に所在地、地番、家屋番号、床面積、構造などが登録されます。
したがって適切な記述は[3]です。