FP3級 2015年9月 実技(金財:保険)問6

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問6

最後に、Mさんは、住宅借入金等特別控除に関する一般的な説明をした。Mさんが、Aさんに対して説明した以下の文章の空欄①~③に入る語句または数値の組合せとして、次のうち最も適切なものはどれか。
  1. 「住宅借入金等特別控除とは、住宅ローンを利用して自己の居住用住宅の取得等をした場合、一定の要件を満たせば、住宅ローンの()に所定の割合(控除率)を乗じて得た金額をその年分の所得税額から控除するものです」
  2. 「住宅借入金等特別控除の額は、『()×控除率』で計算されます。平成27年中に一定の家屋を居住の用に供した場合の住宅借入金等特別控除に係る控除率は、()%です」
  3. 「住宅借入金等特別控除の適用を受けるための要件には、『取得した住宅の床面積が()㎡以上であること』、『住宅ローンの返済期間が10年以上であること』などが挙げられます」
  1. ① 年末残高 ② 1.5 ③ 75
  2. ① 借入総額 ② 1.5 ③ 50
  3. ① 年末残高 ② 1.0 ③ 50

正解 3

分野

科目:D.タックスプランニング
細目:6.税額控除

解説

〔①について〕
住宅借入金等特別控除とは、いわゆる「住宅ローン控除」のことです。
住宅ローン控除とは、住宅ローンの年末残高に所定の控除率を乗じた金額をその年分の所得税額から控除する税額控除です。

〔②について〕
住宅ローン控除の額は「住宅ローンの年末残高×控除率」で計算します。この控除率は1%です。

〔③について〕
住宅ローン控除を受けるためにはいくつか条件がありますが、取得する住宅の面積が50㎡以上であり、その2分の1以上を居住用に使用するものでなければならないという要件があります。

したがって、①年末残高、②1.0、③50 となる[3]の組合せが適切です。