FP3級過去問題 2015年9月学科試験 問36

問36

保険法の規定によれば、保険契約者や被保険者に告知義務違反があった場合、保険者は原則として保険契約を解除できるが、この解除権は、保険者が解除の原因があることを知った時から()行使しないときは消滅する。
  1. 1カ月間
  2. 2カ月間
  3. 3カ月間

正解 1

解説

告知義務とは、保険契約の申込時に保険契約者や被保険者が保険会社に質問に、正直に伝えなければならないことをいいます。告知義務違反があった場合は、保険会社は契約を解除することができますが、告知義務違反を知った日から1カ月以内に解除しなかった場合は、保険会社は契約を解除できなくなります。

したがって[1]が正解です。

この問題と同一または同等の問題