FP3級 2015年5月 実技(金財:個人)問10

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問10

甲土地上に賃貸アパートを建築する場合の法令上の規制に関する以下の文章の空欄①~③に入る語句の組合せとして最も適切なものは、次のうちどれか。

 建ぺい率は、建築物の()の敷地面積に対する割合のことである。建ぺい率は、都市計画により上限が定められているが、所定の条件を満たすことにより、その上限が緩和されることがある。甲土地については、指定建ぺい率が60%の地域で、かつ、防火地域であるため、甲土地上に()を建築する場合、建ぺい率の上限は緩和され、指定建ぺい率に()が加算される。
  1. ① 建築面積 ② 耐火建築物 ③ 10%
  2. ① 建築面積 ② 準耐火建築物 ③ 20%
  3. ① 延べ面積 ② 耐火建築物 ③ 20%

正解 1

分野

科目:E.不動産
細目:3.不動産に関する法令上の規制

解説

この問題に対する解説はまだありません。