FP3級 2015年5月 実技(金財:個人)問8

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問8

Aさんの平成26年分の所得税における所得控除に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
  1. Aさんは、基礎控除(控除額38万円)の適用を受けることができる。
  2. 妻Bさんは控除対象配偶者に該当するため、Aさんは、配偶者控除(控除額38万円)の適用を受けることができる。
  3. 長男Cさんは特定扶養親族に該当するため、Aさんは、扶養控除(控除額63万円)の適用を受けることができる。

正解 2

分野

科目:D.タックスプランニング
細目:5.所得控除

解説

  1. 適切。基礎控除は、どの納税者にも無条件に適用される所得控除で、その控除額は一律38万円です。基礎控除には、憲法に定められる生存権を保障するための最低生活費を所得から控除する目的があります。当然ながらAさんも基礎控除を受けられます。
  2. [不適切]。事業専従者でない年間所得が38万円以下(給与収入のみであれば年収103万円以下)の配偶者は控除対象配偶者となり、納税者の所得から38万円(70歳以上の配偶者の場合は48万円)を控除できます。妻Bさんは青色事業専従者なので控除対象配偶者ではありません。
  3. 適切。控除対象扶養親族とは、扶養親族のうち、その年12月31日現在の年齢が16歳以上(学年でいえば高校生以上)の人をいいます。そして19歳以上23歳未満の控除対象扶養親族は、特定扶養親族に分類され所得控除額が63万円に増えます。長男Cさんは21歳ですから特定扶養親族に該当します。よってAさんは63万円の扶養控除を受けられます。
したがって不適切な記述は[2]です。


2018年税制改正で、基礎控除額は2020年1月より48万円に増額され、2,400万円超の人に対して所得制限が設けられることになりました。この解説は試験開催時点の法令を元に作成されています。