FP3級過去問題 2015年5月学科試験 問54

問54

「特定の居住用財産の買換えの場合の長期譲渡所得の課税の特例」の適用を受けるためには、譲渡資産の譲渡対価の額が()以下でなければならない。
  1. 6,000万円
  2. 1億円
  3. 1億5,000万円

正解 2

解説

特定の居住用財産の買換えの場合の長期譲渡所得の課税の特例」とは、譲渡した年の1月1日時点における所有期間が10年以上、かつ、居住期間が10年以上の居住用財産を1億円以下で譲渡し、新たに床面積が50㎡以上の居住用財産に買い替えた場合に、生じた譲渡益を次年度以降に繰り延べられる制度です。この制度は「居住用財産の3,000万円の特別控除」および「居住用財産の軽減税率の特例」との併用はできません

この特例が適用可能なのは譲渡対価が1億円以下の場合です。したがって[2]が適切です。

この問題と同一または同等の問題