FP3級 2021年9月 実技(FP協会:資産設計)問7

問7

下記は、宅地建物の売買・交換において、宅地建物取引業者と交わす媒介契約の種類とその概要についてまとめた表である。下表の空欄(ア)~(ウ)にあてはまる語句または数値の組み合わせとして、正しいものはどれか。なお、自己発見取引とは、自ら発見した相手方と売買または交換の契約を締結する行為を指すものとする。
07.gif/image-size:523×143
  1. (ア)可 (イ)2週間 (ウ)5
  2. (ア)可 (イ)1ヵ月 (ウ)7
  3. (ア)不可 (イ)1ヵ月 (ウ)5

正解 1

分野

科目:E.不動産
細目:2.不動産の取引

解説

〔(ア)について〕
自己発見取引が禁じられているのは専属専任媒介契約だけです。専属でない専任媒介契約では依頼者自身が見つけた相手方と取引することが認められています。

〔(イ)について〕
専属でない専任媒介契約では、依頼者に対し、媒介契約に係る業務の状況を2週間に1回以上報告しなければなりません。

〔(ウ)について〕
専属専任媒介契約を締結した宅地建物取引業者は、契約日から5日以内(休業日除く)に指定流通機構(レインズ)に所定の事項を登録しなければなりません。

したがって[1]の組合せが適切です。