FP3級 2021年9月 実技(FP協会:資産設計)問6

問6

建物の登記記録に関する下表の空欄(ア)~(ウ)にあてはまる記録事項の組み合わせとして、正しいものはどれか。
06.gif/image-size:290×71
  1. (ア)所有権保存登記 (イ)所有権移転登記 (ウ)抵当権設定登記
  2. (ア)建物の所在や構造 (イ)所有権保存登記 (ウ)所有権移転登記
  3. (ア)建物の所在や構造 (イ)所有権移転登記 (ウ)抵当権設定登記

正解 3

分野

科目:E.不動産
細目:1.不動産の見方

解説

土地の登記記録は、土地や建物の所在・面積のほか、所有者の住所・氏名などを記録した公の帳簿で、1区画の土地又は1個の建物ごとに「表題部」と「権利部」に区分して作成されています。
〔(ア)について〕
表題部には、建物の場合、所在・家屋番号・種類・構造・床面積など、建物の物理的状況を示す情報が記録されます。

〔(イ)について〕
権利部甲区には、所有権に関する事項が記録されます。所有権保存登記、所有権移転登記ともに権利部甲区の記載事項です。

〔(ウ)について〕
権利部乙区には抵当権などの「所有権以外の権利」に関する登記事項が記録されます。所有権以外の権利には、他に賃借権、使用権、質権、先取特権、地役権、配偶者居住権などがあります。

したがって[3]の組合せが適切です。