FP3級 2021年1月 実技(金財:保険)問5

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問5

次に、Mさんは、Aさんが提案を受けた終身医療保険について説明した。MさんのAさんに対する説明として、次のうち最も適切なものはどれか。
  1. 「先進医療の治療を受けた場合、診察料や投薬料等に係る費用は公的医療保険の対象となりますが、技術料に係る費用は全額自己負担となりますので、先進医療特約の付加をご検討ください」
  2. 「Aさんが、がんに罹患した場合、がん一時金特約から100万円を受け取ることができます。ただし、通常、がんの保障については契約日から6カ月間の免責期間があります」
  3. 「Aさんが、がんと診断確定され、がん一時金特約から一時金を受け取った場合、当該一時金は一時所得として総合課税の対象となります」

正解 1

分野

科目:B.リスク管理
細目:3.生命保険

解説

  1. [適切]。先進医療を受けた場合、保険適用の部分と保険適用外の部分が生じます。通常の診察・検査・投薬・入院料等については保険適用になりますが、技術料については保険適用外で、全額自己負担となりますので先進医療特約を付加することが望まれます。
  2. 不適切。がん保険には、通常、保険始期日から90日間または3カ月間の免責期間が設けられています。6カ月間ではありません。この期間中にがんと診断されても保険金は支払われません。
  3. 不適切。個人が受け取る、がんその他疾病の診断一時金は所得税法の非課税所得となります。
したがって適切な記述は[1]です。