FP3級 2021年1月 実技(FP協会:資産設計)問13

問13

佐野さんは、個人でアパートの賃貸をしている青色申告者である。佐野さんの2020年分の所得および所得控除が下記<資料>のとおりである場合、佐野さんの2020年分の所得税額として、正しいものはどれか。なお、佐野さんに<資料>以外の所得はなく、復興特別所得税や税額控除、源泉徴収税額、予定納税等については一切考慮しないこととする。

<資料>
[2020年分の所得]
不動産所得の金額 780万円
※必要経費や青色申告特別控除額を控除した後の金額である。

[2020年分の所得控除]
所得控除の合計額 110万円
<所得税額の計算方法>
課税される所得金額×税率-控除額
13.gif/image-size:560×177
  1. 912,500円
  2. 1,158,000円
  3. 1,340,000円

正解 1

分野

科目:D.タックスプランニング
細目:2.所得税の仕組み

解説

所得税額は、総所得金額から所得控除額を差し引いて課税総所得金額を求め、課税総所得金額に所定の税率を乗じて求めます。
  1. 総所得金額-所得控除額=課税総所得金額
  2. 課税総所得金額×税率-控除額=所得税額
① 課税総所得金額を求めます。
<資料>より総所得金額になるのは不動産所得のみとわかります。また所得控除の合計額は110万円です。

 780万円-110万円=670万円

② 所得税額を求めます。
<所得税の速算表>より、670万円が該当する税率・控除額を探して、算式に当てはめます。

 6,700,000円×20%-427,500円=912,500

よって、所得税額は[1]の912,500円になります。