FP3級 2020年9月 実技(金財:個人)問10

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問10

甲土地に耐火建築物を建築する場合の①建蔽率の上限となる建築面積と②容積率の上限となる延べ面積の組合せとして、次のうち最も適切なものはどれか。
  1. ① 280㎡ ② 1,280㎡
  2. ① 280㎡ ② 1,200㎡
  3. ① 320㎡ ② 1,200㎡

正解 3

分野

科目:E.不動産
細目:3.不動産に関する法令上の規制

解説

〔①建築面積の上限〕
対象地が"(準)防火地域"内の耐火建築物等"と"特定行政庁が指定する角地"の場合には、建蔽率の緩和を考慮する必要があります。
甲土地は、準防火地域であり、建築しようとしている建物は耐火建築物ですので、10%緩和の対象となります。また特定行政庁が指定する角地ですので、さらに10%の緩和となります(表の右下の+20%に該当)。

甲土地は400㎡ですので建築面積の限度は、

 400㎡×(60%+20%)=320㎡

〔②延べ面積の上限〕
建物の延べ面積の限度は「敷地面積×容積率」で計算します。そして、その敷地の前面道路の幅員が12m未満の場合、容積率には次の2つのうち小さい方が適用されます。
  • 都市計画の指定容積率
  • 前面道路の幅×法定乗数
甲土地は2つの道路に接していますが、複数の道路に設置しているときには最も幅員が大きい道路が前面道路となるので、甲土地の前面道路は北側の8m道路です。指定容積率が300%、前面道路の幅×法定乗数が「8m×0.4=3.2=320%」なので、容積率は2つを比べて小さい300%となります。

甲土地は400㎡ですので建築面積の限度は、

 400㎡×300%=1,200㎡

以上より、①320㎡、②1,200㎡ とする[3]の組合せが適切です。