FP3級 2020年9月 実技(FP協会:資産設計)問18

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問18

秀則さん、美鈴さんが加入している生命保険は下表のとおりである。下表の契約A~Cについて、保険金・給付金が支払われた場合の課税関係に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
18.gif/image-size:560×78
  1. 契約A:秀則さんが死亡し、美鈴さんが死亡保険金を受け取った場合は、所得税・住民税の課税対象となる。
  2. 契約B:美鈴さんが受け取った入院給付金は、所得税・住民税の課税対象となる。
  3. 契約C:秀則さんが受け取る満期保険金は、所得税・住民税の課税対象となる。

正解 3

分野

科目:B.リスク管理
細目:3.生命保険

解説

  1. 不適切。生命保険の死亡保険金の課税関係は以下のように分かれます。
    契約Aは、契約者と被保険者が秀則さん、受取人が美鈴さんなので、上表の1番上の行に該当し相続税の課税対象となります。
  2. 不適切。入院給付金のように身体の傷害に基因して支払を受けるものは非課税となります。他にも手術給付金、通信給付金、介護給付金などが非課税です。
  3. [適切]。契約者本人が受け取る養老保険の満期保険金は、一時所得として所得税・住民税の課税対象となります。
したがって適切な記述は[3]です。