FP3級 2020年9月 実技(FP協会:資産設計)問9

問9

損害保険の用語に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
  1. 再調達価額とは、保険の対象と同等のものを新たに建築または購入するのに必要な金額のことである。
  2. 保険料率とは、契約者から支払われた保険料の総額に対する保険会社が支払った保険金の総額の割合のことである。
  3. 一部保険とは、保険金額が保険の対象の価額(保険価額)に満たない保険のことである。

正解 2

分野

科目:B.リスク管理
細目:4.損害保険

解説

  1. 適切。再調達価格とは、保険の対象と同等の物を再建築または再取得するために必要な金額をいいます。再調達価額から使用による消耗分を差し引いた金額が「時価」です。
  2. [不適切]。保険料率は、保険金額に対する保険料の割合(1,000円当たり○円など)のことで、保険の種類や保険対象のリスクの程度に応じて決められます。保険料率が高くなるほど保険料も増加します。なお、保険料の総額に対する保険会社が支払った保険金の総額の割合は「損害率」と言います。
  3. 適切。一部保険は、損害保険において保険価額が保険金額より大きい保険契約を指します。一部保険の保険金は比例てん補で支払われるため、実際の損害額に満たない場合があります。
したがって不適切な記述は[2]です。