FP3級過去問題 2020年9月学科試験 問21

問21

借地借家法の規定では、定期建物賃貸借契約(定期借家契約)において、貸主に正当の事由があると認められる場合でなければ、貸主は、借主からの契約の更新の請求を拒むことができないとされている。

正解 ×

問題難易度
33.1%
×66.9%

解説

定期建物賃貸借契約(定期借家契約)とは、契約時に賃貸借期間を定め、その期間の満了をもって必ず契約が終了するタイプの賃貸借契約です。契約終了の1年前から6カ月前までの間に借主に対して更新しない旨を通知すれば、正当事由がなくても契約が更新されることはありません。

したがって記述は[誤り]です。

なお「正当の事由があると認められる場合でなければ、借主からの更新の請求を拒むことができない」のは普通借家契約です。