FP3級 2020年1月 実技(金財:保険)問3

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問3

最後に、Mさんは、公的医療保険の概要について説明した。Mさんが、Aさんに対して説明した以下の文章の空欄①~③に入る語句または数値の組合せとして、次のうち最も適切なものはどれか。
 「Aさんに係る医療費の一部負担金の割合は、原則()割となりますが、()内に、医療機関等に支払った医療費の一部負担金等の額が自己負担限度額を超えた場合、所定の手続により、自己負担限度額を超えた額が高額療養費として支給されます。
 Aさんが病気やケガによる療養のために、連続して4日以上、業務に就くことができず、当該期間について事業主から報酬が支払われない場合は、所定の手続により、傷病手当金が支給されます。傷病手当金の支給期間は、その支給を始めた日から起算して()が限度となります」
  1. ① 1 ② 同一月 ③ 3年
  2. ① 1 ② 同一年 ③ 1年6カ月
  3. ① 3 ② 同一月 ③ 1年6カ月

正解 3

分野

科目:A.ライフプランニングと資金計画
細目:4.社会保険

解説

〔①について〕
医療費の自己負担割合は年齢により異なっていますが、Aさん(57歳)を含む大体の人は3割負担です。
〔②について〕
高額療養費制度は、同一月(1日~末日)に医療機関等で支払った医療費の一部負担金等が高額になった場合、一定の金額(自己負担限度額)を超えた分が、申請によって後で払い戻される制度です。
〔③について〕
傷病手当金は、傷病休業中の被保険者とその家族の生活を保障するための給付制度で、健康保険の被保険者が、業務外の事由による病気やケガの療養のために仕事に就くことができず、連続して3日間会社を休んだとき、4日目以降の賃金支払いのない日について支給されます。支給期間は支給開始日から起算して最長1年6カ月間です。
したがって、①3、②同一月、③1年6カ月 となる[3]の組合せが適切です。