FP3級 2020年1月 実技(FP協会:資産設計)問11

問11

個人事業主として不動産賃貸業を営む山本さんは、FPで税理士でもある倉田さんに2020年分の所得税より確定申告書の作成を依頼することにした。山本さんの2020年分の収入および必要経費が下記<資料>のとおりである場合、山本さんの2020年分の不動産所得の金額(青色申告特別控除前の金額)として、正しいものはどれか。

<資料>
[山本さんの2020年分の収入および必要経費]
  • 収入
    家賃 380万円(未収家賃・前受家賃は発生していない)
    礼金 20万円(全額返還を要しない)
    敷金 60万円(退去時に全額返還する予定である)
  • 必要経費
    210万円
  • 山本さんは2020年分の所得税から青色申告の承認を受けている。
  1. 250万円
  2. 190万円
  3. 170万円

正解 2

分野

科目:D.タックスプランニング
細目:3.各種所得の内容

解説

不動産所得の金額は「収入金額-必要経費」で計算します。

不動産所得の収入には、貸付けによる賃貸料収入のほかに次のようなものも含まれます。
  • 名義書換料、承諾料、更新料または頭金など
  • 敷金や保証金などのうち、返還を要しないもの
  • 共益費などの名目で受け取る電気代、水道代や掃除代など
つまり収入内訳のうち、返還を要しない礼金20万円は収入金額に算入し、返還予定の敷金60万円は算入しません。

したがって、不動産所得の金額(青色申告特別控除前の金額)は、

 380万円+20万円-210万円=190万円

以上より[2]が正解となります。