FP3級 2019年5月 実技(FP協会:資産設計)問18

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問18

康太さんは、通常65歳から支給される老齢基礎年金を繰り上げて受給できることを知り、FPの露木さんに質問をした。老齢基礎年金の繰上げ受給に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。なお、老齢基礎年金の受給要件は満たしているものとする。
  1. 老齢基礎年金を繰上げ受給した場合、65歳になるまでであれば、繰上げ受給を取りやめて通常受給に切り替えることができる。
  2. 老齢基礎年金を繰上げ受給した場合の年金額は、65歳になるまでは減額されるが、65歳以降は減額されない通常額が一生涯支給される。
  3. 老齢基礎年金を繰上げ受給した場合の年金額は、繰上げ月数1月当たり0.5%の割合で減額される。

正解 3

分野

科目:A.ライフプランニングと資金計画
細目:5.公的年金

解説

  1. 不適切。老齢基礎年金の繰上げを請求すると、受給権は請求書が受理された日に発生し、年金は受給権が発生した月の翌月分から支給されます。受給権発生後に繰上げ請求を取り消したり、変更したりすることはできません。
  2. 不適切。繰上げ受給によって減額された年金額は、一生涯にわたり減額されたままの金額となります。
  3. [適切]。老齢基礎年金を繰上げ受給した場合は、「繰上げた月数×0.5%」の割合で本来の受給額から減額されます。繰上げ限度である60歳まで繰り上げた場合、「60月×0.5%=30%」の減額率になります。
したがって適切な記述は[3]です。