FP3級 2019年5月 実技(FP協会:資産設計)問14

問14

FPで税理士でもある桑原さんは、羽田健一さんと妻の恭子さんから贈与税の配偶者控除に関する相談を受けた。羽田さん夫婦からの相談内容に関する記録は下記<資料>のとおりである。この相談に対する桑原さんの回答の空欄(ア)、(イ)にあてはまる数値の組み合わせとして、正しいものはどれか。

<資料>
[相談記録]
相談日:2019年5月3日
相談者:羽田健一 様(55歳) 羽田恭子 様(50歳)
相談内容:贈与税の配偶者控除を活用して、健一様所有の居住用不動産を恭子様に贈与したいと考えている。贈与税の配偶者控除の適用要件や控除額について知りたい。
[桑原さんの回答]
「贈与税の配偶者控除の適用を受けるためには、贈与があった日において、配偶者との婚姻期間が()年以上であること等の所定の要件を満たす必要があります。また、贈与税の配偶者控除の額は、最高()万円です。」
  1. (ア)10 (イ)2,000
  2. (ア)20 (イ)2,000
  3. (ア)20 (イ)2,500

正解 2

分野

科目:F.相続・事業承継
細目:2.贈与と税金

解説

「贈与税の配偶者控除」とは、婚姻期間が20年以上の夫婦の間で、"居住用不動産"又は"居住用不動産を取得するための金銭"の贈与が行われた場合、暦年課税の基礎控除110万円とは別に最高2,000万円まで控除できるという特例です。20年・2,000万円が問われるので、贈与税の配偶者控除ときたら2と覚えましょう。

よって、正しい組合せは[2]です。