FP3級過去問題 2019年5月学科試験 問37

問37

現在加入している生命保険契約を、契約転換制度を利用して新たな契約に転換する場合、転換後の保険料は()の保険料率が適用され、一般に、転換する際には()である。
  1. ① 転換時  ② 告知および診査は不要
  2. ① 転換時  ② 告知または診査が必要
  3. ① 転換前の契約時  ② 告知および診査は不要

正解 2

解説

契約転換制度とは、現在契約中の保険契約の責任準備金や積立配当金を転換価格として下取りに出し、新規に契約する保険料の一部に充当する方法です。

契約転換制度の活用においては以下のような留意点があります。
  • 同じ保険会社でなければならない
  • 転換時の年齢や保険料率で転換後の保険料が計算される
  • 予定利率は引き継げないため新たに適用される予定利率が下がることもある
  • 改めて告知・診査が必要となる
したがって、①転換時、②告知または診査が必要 とする[2]の組合せが適切です。