FP3級 2019年1月 実技(金財:個人)問6

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問6

最後に、Mさんは、上場不動産投資信託(J-REIT)についてアドバイスした。MさんのAさんに対するアドバイスとして、次のうち最も適切なものはどれか。
  1. 「上場不動産投資信託(J-REIT)は、複数の不動産会社の株式を主たる投資対象とする投資信託です。不動産会社の株式を直接購入するよりも、リスクを分散することができます」
  2. 「上場不動産投資信託(J-REIT)は、上場株式と同様に証券取引所を通じて取引することができます。実物不動産への投資に比べて、流動性(換金性)が高い、少額から投資ができる等の特徴があります」
  3. 「上場不動産投資信託(J-REIT)の分配金は、不動産所得として課税の対象となります。当該金額が年間20万円を超える場合は、所得税の確定申告をする必要があります」

正解 2

分野

科目:C.金融資産運用
細目:3.投資信託

解説

J-REIT(Japan Real Estate Investment Trust,日本版不動産投資信託)は、投資家から集めた資金を元に不動産投資を行い、そこから得られる賃貸収入や売買益を投資家に還元する商品です。投資信託の一種ですが、取引所に上場しているため原則として株式と同じような方法での売買が可能です。すなわち、成り行き注文や指値注文で取引できます。
  1. 不適切。J-REITは不動産株式を投資対象とするのではなく、不動産投資法人が発行する投資口を投資家が購入する形態になります。投資法人は投資家から集めたお金で実際の不動産を購入し、そこから得られる不動産収入を配当金として分配します。
  2. [適切]。J-REITは、通常の株式と同じように取引所に上場している投資信託です。取引所に上場しているため原則として株式と同じような方法での売買が可能です。
  3. 不適切。J-REITの分配金は、不動産所得ではなく配当所得になります。ただし、総合課税を選択しても配当控除は受けられません。
したがって適切な記述は[2]です。