FP3級 2019年1月 実技(金財:保険)問13

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問13

母Dさんの相続に関する以下の文章の空欄①~③に入る数値の組合せとして、次のうち最も適切なものはどれか。
  1. 「Aさんが受け取る死亡保険金は、みなし相続財産として相続税の課税対象となりますが、死亡保険金の非課税金額の規定の適用を受けることで、相続税の課税価格に算入される金額は()万円となります」
  2. 「母Dさんの相続における遺産に係る基礎控除額は()万円です。課税価格の合計額が遺産に係る基礎控除額を上回りますので、相続税の申告が必要となります」
  3. 「相続税の申告書は、原則として、相続の開始があったことを知った日の翌日から()カ月以内に提出しなければなりません」
  1. ① 500 ② 4,200 ③ 4
  2. ① 500 ② 4,800 ③ 10
  3. ① 1,500 ② 4,800 ③ 4

正解 2

分野

科目:F.相続・事業承継
細目:4.相続と税金

解説

〔①について〕
相続人が受け取った死亡保険金は、「500万円×法定相続人の数」を限度に非課税になります。<設例>より法定相続人は、Aさん、弟Bさんおよび妹Cさんの3人ですので、非課税限度額は、

 500万円×3人=1,500万円

になります。Aさんが受け取った死亡保険金は2,000万円ですので、1,500万円を控除した残りの500万円が相続税課税価格に算入されるということになります。

〔②について〕
遺産に係る基礎控除額は、「3000万円+600万円×法定相続人の数」の計算式で求めます。法定相続人は3人ですので、

 3,000万円+600万円×3人=4,800万円

〔③について〕
相続税の申告書の提出は、原則として、その相続の開始があったことを知った日の翌日から10カ月以内にしなければなりません。
なお、相続の開始があったことを知った日の翌日から4カ月以内というのは、準確定申告及びその納税の期限です。

以上より、①500、②4,800、③10 となる[2]の組合せが適切です。