FP3級 2019年1月 実技(FP協会:資産設計)問11

問11

所得税における医療費控除に関する次の記述の空欄(ア)~(ウ)にあてはまる語句の組み合わせとして、正しいものはどれか。
  • 医療費控除の金額は以下のとおり計算される。「実際に支払った医療費の金額の合計額-保険金等で補てんされる金額-()」ただし、納税者本人のその年の総所得金額等が200万円未満の場合は()ではなく、総所得金額等の()相当額となる。
  • 医療費控除の金額の上限は()である。
  1. (ア) 5万円 (イ)10% (ウ)200万円
  2. (ア)10万円 (イ) 5% (ウ)100万円
  3. (ア)10万円 (イ) 5% (ウ)200万円

正解 3

分野

科目:D.タックスプランニング
細目:5.所得控除

解説

医療費控除額は以下の式で計算します。

 医療費控除額(最高200万円)=支払った医療費の総額-A-B
 A:保険等で補てんされる金額
 B:10万円と総所得金額等の5%相当額のうち低い方

〔(ア)、(イ)について〕
上記の式のBは「10万円」と「総所得金額の5%」のいずれか低い額となります。
納税者本人の総所得金額が200万円以上の場合には10万円となり、200万円未満の場合には総所得金額の5%となります。

〔(ウ)について〕
医療費控除の金額の上限は200万円です。

以上より、(ア)10万円、(イ)5%、(ウ)200万円 となる[3]の組合せが適切です。