FP3級 2019年1月 実技(FP協会:資産設計)問8

問8

浅見さんは、下記<資料>の物件の購入を検討している。この物件の購入金額(消費税を含んだ金額)として、正しいものはどれか。なお、<資料>に記載されている金額は消費税を除いた金額であり、消費税率は8%として計算すること。また、売買に係る諸費用については一切考慮しないこととする。

<資料>
08.gif/image-size:202×133
  1. 2,000万円×1.08+2,500万円=4,660万円
  2. 2,000万円+2,500万円×1.08=4,700万円
  3. (2,000万円+2,500万円)×1.08=4,860万円

正解 1

分野

科目:E.不動産
細目:2.不動産の取引

解説

建物の代金には消費税がかかりますが、土地取引は消費税法上の非課税取引に該当するため、土地代金には消費税がかかりません。この点を注意して計算する必要があります。
建物の代金
2,000万円×1.08
土地の代金
2,500万円
したがって、上記2つを合計した[1]の計算式が適切です。

 2,000万円×1.08+2,500万円=4,660万円