FP3級 2019年1月 実技(FP協会:資産設計)問6

問6

建築基準法に従い、下記<資料>の土地に建築物を建築する場合、この土地に対する建築物の建築面積の最高限度として、正しいものはどれか。なお、記載のない条件については一切考慮しないこととする。
06.gif/image-size:560×235
  1. 300㎡×60%×6/10=108㎡
  2. 300㎡×60%=180㎡
  3. 300㎡×300%=900㎡

正解 2

分野

科目:E.不動産
細目:3.不動産に関する法令上の規制

解説

建築面積の最高限度は「敷地面積×建ぺい率」によって決定されます。建築面積の限度を問う問題では、建ぺい率の緩和要件を考慮する必要がありますが、本問では特段関係する事項はありません。

設問のケースでは、敷地面積が300㎡、指定建ぺい率が60%ですので、建築面積の限度は、

 300㎡×60%=180

したがって[2]の計算式が正解です。