FP3級 2019年1月 実技(FP協会:資産設計)問5

問5

下記<資料>は、福岡さんと杉田さんがQA銀行(日本国内に本店のある普通銀行)で保有している金融商品の時価の一覧表である。仮にQA銀行が破綻した場合、この時価に基づいて預金保険制度によって保護される金額に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。
05.gif/image-size:356×182
  1. 福岡さんの金融商品のうち、保護される金額の合計は1,050万円である。
  2. 福岡さんの金融商品のうち、保護される金額の合計は1,000万円である。
  3. 杉田さんの金融商品のうち、保護される金額の合計は680万円である。

正解 2

分野

科目:C.金融資産運用
細目:11.セーフティネット

解説

預金保険制度とは金融機関が破綻した場合、預金者1人当たり、1金融機関ごとに合算して元本1,000万円とその利息が保護される制度です。また条件を満たす「決済用預金」については預入全額が保護対象となります。外貨預金・投資信託・債券・譲渡性預金については、日本国内に本店のある銀行の預金であっても預金保険制度の対象外です。

福岡さんと杉田さんの金融商品を保護対象と保護対象外に区別すると以下のようになります。なお、前提として「※普通預金は決済用預金ではない」という注記があるので全額保護にはなりません。
したがって、預金保険制度によって保護される金額は、福岡さん1,000万円、杉田さん480万円になります。つまり、正しい記述は[2]ということです。