FP3級過去問題 2019年1月学科試験 問45

問45

つみたてNISA勘定(非課税累積投資契約に係る少額投資非課税制度における累積投資勘定)に受け入れることができる限度額は年間()で、その非課税期間は最長で()となる。
  1. ① 40万円  ② 20年間
  2. ① 80万円  ② 20年間
  3. ① 120万円  ② 10年間

正解 1

解説

つみたてNISAは、NISA、ジュニアNISAに続く少額投資非課税制度の取組みで、日本国民の長期の積立分散投資を推進する目的で2018年1月からスタートしました。

この非課税制度では、年間40万円の投資を上限に最長20年間にわたり分配金や譲渡益が非課税になります。つみたてNISAの対象商品は、手数料が安い・分配金の支払いが頻繁ではない などの一定の水準を満たす、長期積立投資に適した公募株式投資信託と上場株式投資信託(ETF)に限定されています。このため、投資初心者をはじめ幅広い年代の方にとって利用しやすい仕組みとなっています。
したがって、①40万円、②20年 の組合せが適切です。