FP3級過去問題 2019年1月学科試験 問34

問34

国民年金の第1号被保険者が、国民年金の定額保険料に加えて月額()の付加保険料を納付し、65歳から老齢基礎年金を受け取る場合、()に付加保険料納付済期間の月数を乗じて得た額が付加年金として支給される。
  1. ① 200円  ② 400円
  2. ① 400円  ② 200円
  3. ① 400円  ② 300円

正解 2

解説

付加年金は、自営業者等の国民年金の第1号被保険者が、老後の所得を賄うために国民年金制度に追加する形で加入できる公的な年金制度です。
毎月の国民年金保険料に400円を上乗せして納付することで、将来受給する老齢基礎年金に付加年金が加算されます。受け取れる付加年金額は「200円×付加保険料の納付月数」の式で計算される額です。

したがって[2]の組合せが適切です。

この問題と同一または同等の問題