FP3級 2018年9月 実技(金財:保険顧客)問6

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問6

最後に、Mさんは、生命保険の見直しについてアドバイスした。MさんのAさんに対するアドバイスとして、次のうち最も不適切なものはどれか。
  1. 「必要保障額の計算結果からすると、現時点において死亡保障は必要ありません。ただし、Aさんが要介護状態になった場合などには、預貯金等を大きく取り崩すことも想定されます。要介護状態等になった場合に介護一時金や介護年金が受け取れる生前給付タイプの保障を充実させることも検討事項の1つだと思います」
  2. 「保険会社各社は、入院給付金や手術給付金が定額で受け取れるタイプの医療保険や通院保障が手厚いものなど、最近の医療事情に合わせて、さまざまなタイプの医療保険を取り扱っています。保障内容や保障範囲をしっかりと確認したうえで、加入を検討されることをお勧めします」
  3. 「現在加入している生命保険を払済保険に変更した場合、変更時点の解約返戻金をもとに、終身保険に変更されます。死亡保険金額は減少しますが、現在付加されている入院特約は残り、月々の保険料負担は軽減されます」

正解 3

分野

科目:B.リスク管理
細目:3.生命保険

解説

  1. 適切。現状では必要保障額がマイナスになっているので、死亡時の資金を生命保険で補う必要はありませんが、退職後に要介護状態になるなどのイレギュラーに対応できるように備えることが必要といえます。
  2. 適切。生命保険会社が取り扱っている保険商品は、同じ症状になったとしても、会社によって保障される範囲や内容が異なることがあるので、適切な保障内容・保障範囲になっているかを確認のうえで加入を検討することが望まれます。
  3. [不適切]。払済保険に変更すると従前の保険契約に付加されていた特約は消滅してしまいます。Aさんのケースでも入院特約は消滅することになります。
したがって不適切な記述は[3]です。