FP3級 2018年5月 実技(金財:保険顧客)問12

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問12

Aさんの平成29年分の所得税の課税に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
  1. 「通常の医療費控除額は、『(その年中に支払った医療費の総額-保険金などで補てんされる金額)-20万円』の算式により算出します。Aさんが平成29年中に支払った医療費の総額が20万円を超えていない場合、医療費控除額は算出されません」
  2. 「仮に、Aさんがセルフメディケーション税制(医療費控除の特例)の適用を受ける場合であっても、通常の医療費控除と重複して適用を受けることができます」
  3. 「Aさんが医療費控除の適用を受けない場合であっても、総所得金額に算入される一時所得の金額が20万円を超えるため、確定申告を行わなければなりません」

正解 3

分野

科目:D.タックスプランニング
細目:5.所得控除

解説

  1. 不適切。医療費控除は以下の式で求めます。

     医療費控除額(最高200万円)=支払った医療費の総額-A-B
     A:保険等で補てんされる金額
     B:10万円と総所得金額等の5%相当額のうち低い方

    記述中の「20万円」の部分が不適切です。
  2. 不適切。セルフメディケーション税制は医療費控除の特例であり、従来の医療費控除との選択適用となりますので、いずれか一方を選択して適用を受けることになります。
  3. [適切]。給与所得のみを得ている者が、給与所得とは別に20万円以上の所得を得ている場合は、確定申告を行わなくてはなりません。
したがって適切な記述は[3]です。