FP3級 2018年5月 実技(FP協会:資産設計)問17

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問17

利秋さんは、60歳で定年を迎えた後、退職一時金の一部を老後の生活資金に充てることを考えている。仮に、退職一時金のうち1,500万円を年利2.0%で複利運用しながら20年間で均等に取り崩すこととした場合、毎年の生活資金に充てることができる金額として、正しいものはどれか。なお、下記<資料>の3つの係数の中から最も適切な係数を選択して計算し、円単位で解答すること。また、税金や記載のない事項については一切考慮しないこととする。
17.gif/image-size:337×66
  1. 1,009,500円
  2. 918,000円
  3. 618,000円

正解 2

分野

科目:A.ライフプランニングと資金計画
細目:3.ライフプランニングの考え方・手法

解説

ある期間に一定金額ごとに切り崩すとくれば、用いる係数は「資本回収係数」または「年金現価係数」のいずれかです。設問のケースでは一定の元本をもとにしたときの「毎年の受取金額」を知りたいため「資本回収係数」を用います。
原資となる退職一時金額が1,500万円ですので、毎年の生活資金に充てられる金額は、

 1,500万円×0.0612=91.8万円

したがって[2]が正解です。