FP3級 2018年5月 実技(FP協会:資産設計)問4

問4

下記<資料>に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。
04.gif/image-size:560×527
  1. 「日水」の株式の売買単位は、1,000株単位である。
  2. 「マルハニチロ」の4月16日の始値は、前営業日の終値に比べて85円高い。
  3. 「ホクト」の4月16日に売買が成立した株式数は、48,200株である。

正解 3

分野

科目:C.金融資産運用
細目:5.株式投資

解説

  1. 不適切。資料の〔株式欄の見方〕の"無印、a 100株"の部分から、「日水」の売買単位は「100株」であるとわかります。
  2. 不適切。△85は、その日の終値が前営業日の終値と比較して85円高いことを意味します。始値との比較ではありません。
  3. [適切]。売買高の単位は「100株」ですので、売買成立株式数は資料より「482×100=48,200株」とわかります。
したがって適切な記述は[3]です。