FP3級 2018年1月 実技(金財:個人)問11

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問11

仮に、Aさんが丙土地と丁土地を購入し、丙土地と丁土地を一体とした敷地上に住宅を建築する場合、建築基準法による最大の建築面積は、次のうちどれか。
  1. 10m×18m×60%=108㎡
  2. 10m×19m×60%=114㎡
  3. 10m×19m×100%=190㎡

正解 2

分野

科目:E.不動産
細目:3.不動産に関する法令上の規制

解説

建築基準法では、幅員4m未満の道路(2項道路)については、道路中心線から2m(4mの半分)離れたところを敷地と道路の境界と定め、将来2項道路に面する土地に再建築する際には、その境界線まで敷地を後退させる義務を課しています。この道路幅に伴う敷地の強制後退をセットバックといいます。

設問のケースでは、丁土地に接している南側道路が4m未満なのでこの制限を受けます。つまり丁土地の南側は道路の中心線から2m離れたところまでは建物を建築することができず、建築面積はその分だけ小さくなります。

よって、指定建ぺい率を乗じる対象となる敷地の左右(東西)は10m、上下(南北)は19mになります。最大建築面積は、敷地面積×指定建ぺい率で決定されるので、

 10m×19m×0.6=114

したがって[2]が正解です。